スポーツ吹矢出雲ご縁支部 川柳教室(第1回)


竹治ちかし先生に 第1回川柳教室を行って頂きました。

課題は『吹矢』で、出雲ご縁支部会員から提出いただいた川柳から一番良いと思われるものを竹治さんに選定して頂きました。


・吹矢から 貰う心身 リフレッシュ(渡部真理子)
 【竹治ちかし先生の講評】
  吹矢の一吹き一吹きに気持ちが安らぎます。
  また的に当たった感触は気持ちを高揚させます。まさしく心身のリフレッシュです。


・おじいさん 呼ばれて嬉し 歳となり(北村 明)
 【竹治ちかし先生の講評】
  おじいさんと呼ばれることに抵抗もあったのに、可愛い孫から呼ばれれば嬉しいものです。
  もうおじいちゃんは孫にめためたですよ。


・初心者の その一吹きに ない迷い(北村 房夫)
 【竹治ちかし先生の講評】
  知らないことは強いものです。何も知らない初心者は迷いも悩みもありません。
  ただ無心に吹くので良く的を射るのです。


・きゃしゃだけど 所作が素敵な うまい人(大福 利彦)
 【竹治ちかし先生の講評】
  吹き矢は力ではありません。一挙一道のその所作が素敵な人は矢も知っています。
  きゃしゃな人でも上手に的を射ぬきます。見習いたいものです。


・的を射る 僕の心を 君が射る(錦織 隆)
 【竹治ちかし先生の講評】
  的と僕の心を射る。僕と君を対称的に上手に詠まれています。
  リズムも良く爽やかさを感じる句になっています。


・まぐれでも 当たれば嬉し 吹矢です(詠み人知らず)
 【竹治ちかし先生の講評】
  そうなんです。まぐれでも何でも、的を射た時のあの爽快さは何とも言えません。
  一矢一矢に嬉しくなったり残念がったりです。


・パーフェクト ねらい出来れば みんな出来(高橋 敏道)
 【竹治ちかし先生の講評】
  立ち位置はこうして、筒はこのように持って、吹くのは・・・・と教えてはもらっても、
  なかなか思うようにはいきません。狙って出来れば言うことなしです。


・昨日を 思い出しつつ 的に吹く(板垣 勉)
 【竹治ちかし先生の講評】
  的に向かった今日、昨日の反省点を一つ一つ思い出しながらの一吹き。
  高得点が出れば昨日の反省も報われるのだけど。


・月一度 心落ち着く 的と会う(高橋美紀子)
 【竹治ちかし先生の講評】
  吹矢は恋人以上かも知れません。会えば心が落ち着くのですから。
  ただ月に一度しか会えないのが辛いですね。都合を付けてもう一度。


・我を捨てよ無心になれと諭す筒(選者吟)