●スポーツ吹矢のq&a


◎『持病がありますが大丈夫ですか?』

 スポーツ吹矢は、自分の呼吸するちからで矢を飛ばします。自分に無理のかからない範囲で少しずつ吹いてみて下さい。ご心配の場合は、かかりつけのお医者さんにご相談して下さい。

 なお、出雲ご縁支部にはハンディキャップをおもちの方も体験会に毎回参加されていますので、ご心配の方は、一度体験会にご出席いただき事務局までご相談下さい。


◎『用具は自分で作れますか?』

 矢は時速100キロ以上のスピードで飛びます。筒・矢・的など自作でもできなくはありませんが、100キロ以上のスピードで飛ぶ軽い矢を5m~10m先の的に当てるには、まっすぐ飛ぶ必要がありますので、その道具類にもかなりの精密さが要求されると思われますのでお勧めできません。

 出雲ご縁支部の体験会では、毎回、支部で筒・矢・的を用意しておりますので、身体ひとつでお出かけいただければ結構です。

 なお、公式大会では、自作のものは認められておりません。大会に出場するためには筒・矢・的の3点は協会公認の用具を使う必要がございます。


◎『支部はどこにありますか?』

 県内に2015年9月現在、下記のとおり7支部あります。

 安来支部、島根松江支部、簸川チューリップ支部、島根くにびき支部、出雲ご縁支部、出雲いちじく支部、いわみ三隅支部です。

 出雲ご縁支部の事務局は、大福支部長の自宅となっておりますが、スポーツ吹矢に興味のある方、体験会に参加してみたい方は、月2回程度行われる体験会会場までおいで下さい。体験会の日程については、当ホームページの『体験会開催のお知らせ』をご覧ください。


◎『大会に出場したいのですが?』

 出雲ご縁支部では、非公式ではありますが、年に2~3回程度ちょっとした支部内の大会を行っております。また、日本スポーツ吹矢協会では年間5回の公式大会を開催しています。但し、公式大会に出場するためには、協会会員資格が必要となります。


◎『段位試験を受けたいのですが?』

 段位試験は、日本スポーツ吹矢協会が行っています。出雲ご縁支部では、年に2~3回、協会より認定員を招いて体験会の会場で認定試験を行っております。詳しくは出雲ご縁支部の体験会の会場においで頂くき事務局に問い合わせて頂くか、当ホームページの『お問い合わせ』よりご確認下さい。